· 

【沖縄ホテル宿泊記】最上階「オリエンタルホテル 沖縄リゾート&スパ」クラブフロアの客室、アメニティは?グレードアップしたクラブフロア特典の内容を詳しく

那覇空港から車で約70分「オリエンタルホテル 沖縄リゾート&スパ」
那覇空港から車で約70分「オリエンタルホテル 沖縄リゾート&スパ」

「オリエンタルホテル 沖縄リゾート&スパ」のクラブフロアは最上階の15階14階の2フロア。客室の様子やアメニティ、お得なサービス特典などを詳しくレポートします。▶クラブラウンジについてはこちらからどうぞ。▶リニューアルした「クワッチー」の朝食ブッフェ、館内サービス、プール情報は後日アップします。

ウェルカムドリンク付きの専用チェックイン

オリエンタルホテル 沖縄リゾート&スパ外観
オリエンタルホテル 沖縄リゾート&スパ外観

オリエンタルホテル 沖縄リゾート&スパ(以下、オリエンタルホテル沖縄)は2022年3月にリニューアルしたばかりの注目ホテル。ピンク色の外観は以前のマリオット時代から変わっていませんが、館内へ一歩足を踏み入れるとガラッと大変身!「島とあそぶ 森とつながる」というコンセプト通り緑豊かな沖縄北部、通称やんばるの世界観をイメージさせる癒しの空間へと生まれ変わっていました。

オリエンタルホテル 沖縄リゾート&スパのロビー空間
オリエンタルホテル 沖縄リゾート&スパのウェルカムドリンク
ホテル外観のような色合いとトッピングのベリーがかわいいです

今回はクラブラウンジアクセス権付きのプランを予約したため、通常のカウンターとは別の専用ラウンジでチェックインすることに。ソファに座りながらスタッフさんを待っていると、カクテル風のドリンクを持って来てくれました。沖縄ホテルのウェルカムドリンクといえばさんぴん茶とかパインジュースあたりだろうな~と思っていたのでこれは予想外のサプライズです。

最上階2フロア限定のプレミアフロア

オリエンタルホテル 沖縄リゾート&スパ15階クラブフロア

チェックインを済ませた後は早速客室へと行ってみましょう。オリエンタルホテル沖縄のクラブルームは最上階の2フロア(15階14階)及びジュニアスイート。エレベーターでカードキーをかざさないとクラブフロアには行けないのでセキュリティの面でも安心できます(ただし、こちらのエレベーターのシステム上、カードキーをかざすと14階・15階どちらも反応してしまうのであしからず…)。

オリエンタルホテル 沖縄リゾート&スパ客室(クラブツイン)
クラブツイン(44.6平米)

宿泊したのはワイド幅のツインベッドが並ぶクラブツインです(写真は子どもの転落防止対策で2つのベッドをつなげた仕様になっています)。ベッドも壁もランプも純白の甘めなインテリアにワインレッドとグリーンの差色が印象的。

オリエンタルホテル 沖縄リゾート&スパの客室スイッチパネル
こういうスイッチパネルも今となってはめずらしい

備え付けの家具はマリオット時代のものをほとんど流用しているため、どこか懐かしさを感じさせるクラシカルな空気感も漂っています。この点については賛否あるかもしれませんが、エコにもつながっていると思いますし、現代のホテルではなかなか味わえない貴重な雰囲気を楽しめるので個人的には大賛成。

オリエンタルホテル 沖縄リゾート&スパの客室サンルーム
マリオット時代からお気に入りの場所です

そしてこのホテルの客室の特徴といえばなんといってもココじゃないでしょうか。デイベッドを備えた居心地抜群のサンルーム。対面には小さなベンチ付きバルコニーも備えているので屋内外から美しい景色を堪能できる贅沢な造りが魅力です。

オリエンタルホテル 沖縄リゾート&スパの客室からの眺望
プールやジャクジーを配置したガーデンプールはまさにリゾート

デイベッドでごろんと寝転びながら県内最大級のホテルプール、そしてその先にはエメラルドブルーの海を眺めるひと時は最高の贅沢。「ハレクラニ沖縄」や「ハイアット リージェンシー 瀬良垣アイランド 沖縄」など、名だたるホテルが建ち並ぶ姿もこのエリアならではの醍醐味かもしれません。海も街並みもすべて映し出す、山側の立地を活かした大パノラマは本当にすごい。

アメニティもグレードアップ

オリエンタルホテル 沖縄リゾート&スパのミニバー
ミニバーの内容はオリオンビール、ワッタ、さんぴん茶各2本、コーラ、ポカリスエット、バヤリース

高層階ならではの景色のほかにも、クラブフロアだけの特典はまだまだあります。

  • 朝食予約(前日21時〆切、席数上限あり)
  • クラブラウンジアクセス
  • 滞在中無料でスパの利用可
  • かりゆしビーチパラソル、デッキチェアの無料貸し出しチケット
  • ターンダウンサービス(希望する場合は17時までにリクエスト)
  • ミニバーサービス
  • レイトアウト(12時まで)
  • 駐車場無料

特に驚いたのはミニバーのサービス。写真上のように冷蔵庫内には予めオリオンビールやソフトドリンクが冷やされており、なんとすべて無料で利用できます※。さらにUCCのドリップポッドも用意され、コーヒー、紅茶、カフェインレスと好みに合わせて選べるのがうれしい。

※ミニバーサービスは補充なしのサービスです。

ホテルオリジナルのコーヒーバッグと海洋深層水のミネラルウォーター
傍らにはミネラルウォーター缶まで準備万端

ドリップポッドだけではなく、その隣りにはコーヒーバッグまでありました。しかもこちらは沖縄県産コーヒー豆がブレンドされているホテルオリジナル。夏の暑い時期でもこんなに飲み物があれば水分補給はバッチリですよね(笑)

包装紙も環境に配慮したバスアメニティ
包装紙も環境に配慮したバイオマスシリーズのアメニティを採用
写真左:オリエンタリスト、写真右:厚手でしっとりふかふかのバスローブ
写真左:オリエンタリスト、写真右:厚手でふかふかのバスローブ

バスアメニティは歯ブラシ、ボディタオルといった基本的なアイテムはすべて網羅しつつ、シャンプートリートメント等は神戸オリエンタルホテル発の「オリエンタリスト」をセレクト。和漢植物成分がたっぷり入っているので香り良く、しっとりとした洗い上がりでとても気持ち良かったです。

オリエンタルホテル 沖縄リゾート&スパの客室バスルーム
洗面の背後には浴槽とシャワーブースが

なお、バスルームは広くて使いやすいのですが、写真のように大理石の床のため滑りやすいのでご注意ください。湯上り後はつるつるして危険度アップ。小さな子どもは手をつないで行動した方が良いかも。大きめの浴槽でお風呂遊びができてかなりありがたいんですけどね。あ、でも大理石生活(?)に慣れていたらどうってことないんですかね…?



沖縄・名護市「オリエンタルホテル 沖縄リゾート&スパ」

〒905-0026 沖縄県名護市喜瀬1490-1

TEL 0980-51-1000

公式サイト https://www.okinawa.oriental-hotels.com/

駐車しやすさ★★★★(若干前後の間隔が狭めですが、ゲートなし台数多めで停めやすい)

ドライブ魅力度★★★★(名護市と恩納村の境界付近は沖縄最大のリゾートエリア。美しい海岸線と南国ムードたっぷりのホテルが軒を連ねています)


関連記事

関連記事



オリエンタルホテル 沖縄リゾート&スパの駐車場

オリエンタルホテル 沖縄リゾート&スパ駐車場
ホテル前面に大型駐車場完備。オンシーズンでもどこかしら空いています

スタンダード客室でも充分楽しめますが、お得な特典いっぱいのクラブフロアを知ってしまうと元に戻れない…。マリオット時代を知る人も知らない人もぜひ一度宿泊してみてください。


※本記事の写真・文章の無断転載・無断使用はご遠慮ください。


投稿:あくまる

あわせて読みたい




同じカテゴリの記事をもっと読む