· 

【愕然】御菓子御殿名護店「DINO恐竜パーク やんばる亜熱帯の森」は〇〇で行くと危険過ぎる。見どころ、駐車場詳細、クーポン情報あり

許田ICから車で約20分「DINO恐竜パーク やんばる亜熱帯の森」
許田ICから車で約20分「DINO恐竜パーク やんばる亜熱帯の森」

沖縄名護市にある「DINO恐竜パーク やんばる亜熱帯の森」は子どもから大人まで楽しめる観光スポット。恐竜好きなら一度は行ってみたい場所ですが、子ども連れ(特に赤ちゃん)で行く場合、気を付けて欲しいところがひとつだけあり…

恐竜の時代にタイムトリップできるテーマパーク

御菓子御殿名護店に併設する「DINO恐竜パーク やんばる亜熱帯の森
右上に恐竜の頭が見えますね~!

「DINO恐竜パーク やんばる亜熱帯の森(以下、DINO恐竜パーク)」は紅芋タルトでおなじみの御菓子御殿が運営する観光施設です。場所も御菓子御殿名護店に隣接しているため、初めて訪れる人でもすぐに見つかると思います。

正規料金は大人1,000円、小人(4歳〜15歳)600円
正規料金は大人1,000円、小人(4歳〜15歳)600円

入口でチケットを購入したらいよいよ入場。近くにあるナゴパイナップルパークのように専用カートに乗るわけでも、OKINAWAフルーツらんどのように何かのゲームが始まるわけでもなく、人の流れに任せて進んでいきます。

DINO恐竜パーク やんばる亜熱帯の森で最初に迎えてくれる首長竜
恐竜は全部が全部結構リアルな造り

もしかしたら巨大恐竜が迫ってきたり、突然暗闇になったら怖いな~と内心びくついていたのですが、特に派手な演出もないまま園内に入ることができてひと安心。でも、今思えばこの安心が大きな油断を生んだのかもしれません。

DINO恐竜パーク やんばる亜熱帯の森の親子恐竜
こちらはかわいい親子恐竜

事前情報を一切見ずにやってきた自分はこの穏やかに始まった雰囲気から、DINO恐竜パーク=恐竜+植物園みたいなところだと早合点してしまったのです。その結果…

DINO恐竜パーク やんばる亜熱帯の森の遊歩道
遊歩道はほとんど舗装されていますが、アップダウンが激しめ

1歳の息子をベビーカーに乗せて挑んでしまいました…!これ、本当にアカンかったです。パーク内は大人の足で歩けば30~40分程度の距離なのですが、傾斜の地形をそのまま活かしているため山あり谷あり、でこぼこ道あり。

「DINO恐竜パーク やんばる亜熱帯の森」のコース一例
すごくイイ運動になります!

写真上のような急階段も多く、スロープなどの迂回ルートはないのでベビーカーや車椅子だと厳しいです。お散歩感覚で楽しむというよりも、登山感覚で楽しむといった認識の方が正しいかもしれません。

「DINO恐竜パーク やんばる亜熱帯の森」の階段
うれしそうにはしゃぐ子どもと必死の親のコントラスト

途中で引き返せなくなった自分たちは子どもを乗せたベビーカーごと持ち上げて階段を上り下りするハメに…。元々ヘルニア気味だった夫の腰はこれで完全に破壊されました。腰よ、ベホイミ!

本物の亜熱帯の森だからこそのリアリティ

「DINO恐竜パーク やんばる亜熱帯の森」の階段
本物のジュラシックパークのような迫力

そもそも事前情報なしで行った自分が悪いのでパーク側にまったく非はありませんし、それ以外の要素はめちゃくちゃ楽しめたことは重ねてお伝えしたいです。一番感動したのは、恐竜の時代にも生息していたとされるヒカゲヘゴの迫力。

「DINO恐竜パーク やんばる亜熱帯の森」のティラノサウルス
実際に間近で見ると本物のよう!

この手のテーマパークはどこか作り物感から脱却できないのが常ですが、DINO恐竜パークは長い年月をかけて息づいている本物の原生林なのでわけが違います。そしてそんな本物の森が舞台だからこそ恐竜にも説得力を感じました。

「DINO恐竜パーク やんばる亜熱帯の森」の触れる恐竜
触れる恐竜には面白い仕掛けがありますよ~

人間が生まれるずっと昔、恐竜たちがこの森で暮らしていたのかな~と想像しながら園内を巡ると大人でもワクワク。ブラキオサウルスやステゴザウルスなど80体もの恐竜に出合えるので、お子さんが恐竜の名前や特徴を覚えている状態だとなおさら楽しいと思います。

「DINO恐竜パーク やんばる亜熱帯の森」の遊び場
すべり台は楽しすぎて無限ループの可能性アリ

パーク内の散策を終えたら、恐竜の遊具で遊べるのも最高でした。「とりあえず行ってみよ~」と軽い気持ちで入ったのに気付けば2時間。体力おばけの子どもでも確実にHPを削れたぞ!

最後は恐竜グッズ&御菓子御殿のお土産選び

「DINO恐竜パーク やんばる亜熱帯の森」の恐竜ショップ
奥のディスプレイでは臨場感抜群のお楽しみ映像が流れています

ラストは冷房の効いた心地良いショップで恐竜のお土産選び。ぬいぐるみから文房具、調理グッズなど、いろいろ揃っているので恐竜好きにはたまりません。

恐竜ポッド
「持ち運びに便利なポッドに入っています」って書いてあるけど、外出して何匹かいなくなっても探せる自信ない…

我が家は恐竜のフィギアがごまんと入った恐竜ポッド(990円)を購入しました。子どもは今も気に入っていて寝る時もお風呂の時も一緒、朝起きるとおもちゃのフルーツで餌付けをしております。

御菓子御殿名護店の店内
焼き菓子あり塩系のお菓子あり泡盛あり=何でも揃う!

さらに御菓子御殿名護店に直結しているので帰り際に紅芋タルトも購入可能。直営店でしか食べられない紅いも生タルトやパインシュークリームといった生洋菓子は特におすすめです。パーク内を歩き回ってヘトヘトの体に染みわたるぜ!



沖縄・名護市「DINO恐竜PARK やんばる亜熱帯の森」

〒905-0004  沖縄県名護市中山1024-1

公式サイト https://www.okashigoten.co.jp/subtropical/

TEL  0980-54-8515(御菓子御殿 名護店共通)

営業時間/9時~18時(最終入園17時30分)

入場料/大人(16歳以上)1000円 小人(4歳~15歳)600円

駐車場/あり(御菓子御殿名護店の店舗前方に無料駐車場)

駐車しやすさ★★★★(店舗脇の駐車場のほか、満車時は向かいの系列店舗の駐車場も利用可能)

ドライブ魅力度★★★★★(周囲は観光スポットいっぱい!南国の木々の中を疾走する山越えドライブも楽しい)


関連記事

関連記事



DINO恐竜PARK やんばる亜熱帯の森のアクセス

DINO恐竜PARK やんばる亜熱帯の森までのドライブルート

名護市街地からそのまま国道58号線を直進し、白銀橋(東)交差点から名護本部線を北上。ナゴパイナップルパークOKINAWAフルーツらんどを越えた先に見えてきます。

DINO恐竜PARK やんばる亜熱帯の森の駐車場

DINO恐竜PARK やんばる亜熱帯の森の駐車場

店舗脇の駐車場はこんな感じで左右の幅がやや狭めです。ここが満車の場合は向かいの系列店舗の駐車場も利用可能。

パーク内は恐竜の鳴き声も響き渡りかなりリアル。すべて屋外なので夏場は日焼け止めや虫よけスプレーを持っていくと安心です。あと、赤ちゃん連れは断然抱っこ紐がイイ!


※本記事の写真・文章の無断転載・無断使用はご遠慮ください。


投稿:あくまる

あわせて読みたい




同じカテゴリの記事をもっと読む