· 

【愛すべき定番】耳について離れない呪文…パ!パ!パ!パ!パ!パ!パイナップ~ル~♪で有名なナゴパイナップルパークは色んな意味でドラクエレベルのダンジョンだった!駐車場情報あり

沖縄の有名観光スポットのひとつ「ナゴパイナップルパーク」。一度聞けば二度と忘れることのない「パ!パ!パ!パ!パ!パ!パイナップ~ル~♪」という呪文じみたテレビCMは沖縄家庭ではおなじみです。パーク内はそんなCM同様にややクセが強めですが、見どころ満載のかなり楽しい場所なので絶対オススメ!

「ナゴパイナップルパーク」

パークへと向かうトレインからクセ強め

「ナゴパイナップルパーク」は前回ご紹介した「沖縄フルーツランド」の真横にあり、沖縄美ら海水族館へのルート上にある便利な立地。まずは駐車場に車を停め、パイナップルトレイン(写真上)なる若干クセの強い乗り物で正面玄関へと向かいます(ちなみにパイナップルトレインの正面で張り付けの刑になっているのはオリジナルキャラクターである「パピマル」の家族。みどり色の髪をしたパピマル本人にしか名前は付いていないようで、家族構成などの詳細は分からず…)。

パイナップルの畑が広がります

「パイナップルトレイン」に揺られる時間はほんの5分ほど。短い道中ながら、パイナップルについて色々とおもしろ楽しく教えてくれ、「もっと乗っていたい!」と思わせるほどの内容はさすがの一言です。

ナゴパイナップルパークの入口

入口に到着したら入場券を購入していざ園内へ。まずはこの巨大看板で記念撮影がオススメですよ~!

パイナップル号に乗って園内をぐる~り散策

パイナップルカートに揺られて

ナゴパイナップルパークの敷地は想像以上の広さですが、散策用にこちらのパイナップル号が用意されているので疲れ知らず。パイナップルが可愛らしくデコレーションされたカートは自動運転なので、小さなお子様でも前席に座って楽しむことができます。もちろん、この乗車賃も入園代金に含まれているのでご安心を!

ナゴパイナップルパークの園内

園内は熱帯の植物が生い茂り、気分はまるでジャングルドライブ。この世界観に子どもも大人もドキドキしっぱなし!

パイナップルの知識が飛躍的に向上します

カートにはスピーカーが内蔵されており、そのスポットに応じた解説がアナウンスされます。例えばパイナップルの種類や亜熱帯で育つ植物のこと…ぐるりと回った頃にはかなり物知りになっているはず。

電動カートの後は巨大パインや恐竜を楽しむ!

フォトスポットにピッタリなビッグパイナップル!

パイナップル号だけでも十分に満喫できますが、元気な方はさらに徒歩で散策してみましょう。

恐竜にも会えます

フォトスポットにピッタリな巨大パイン像をはじめ、ダイナソーアドベンチャーツアーと名付けられた展示エリアも充実しているので想像以上に楽しめちゃいます。特に子連れの場合、軽く2時間程度は過ぎてしまいますのでタイムキーパーをお忘れなく!

パイナップルスイーツ、パピマルグッズもあるよ!

お土産コーナー

そして、ラストに待っているのはパイナップルを使ったオリジナルの土産品が数多く揃うショップ。広い店内にはパイナップル特有の甘い香りが漂っており、パイナップル入りチョコやちんすこう、ワインなどのオリジナル商品を購入できます。

ピコマル君のグッズ

さらに要所要所で見かけるオリジナルキャラ、パピマルのグッズもかなり豊富。恐らくはここでしか買えないグッズだと思いますので、旅の記念に一家に一匹(?)いかがでしょうか?

「ナゴパイナップルパーク」のパーラー

その他レストランやカフェ、パーラーなども揃っており、本格的な食事から軽いスイーツまで何でも選び放題。もちろん、パイナップルを使用した食事やスイーツメニューは外せません。

パイナップルスイーツがたくさん

以上、沖縄北部の定番スポット「ナゴパイナップルパーク」の情報でした。正直言うと、観光客にお土産を買わせたいだけのなんちゃって観光施設なんかな~と思っていたんですが、実際に訪れてみるとそんな邪な気持ちを抱いていた自分を全力で叱りたいくらい本気で楽しい場所でした。帰る頃にはたくさんの思い出とともに「パ!パ!パ!パ!パ!パ!パイナップ~ル~♪」のCM音楽が脳裏でリフレインすること間違いナシです!

「NAGO PINEAPPLE PARK(ナゴパイナップルパーク)」

〒905-0005 沖縄県名護市為又(びいまた)1195

TEL  0980-53-3659

営業:9時~18時(最終入園受付17時30分)

定休:年中無休

入園料:大人(16歳以上)1,000円、小人(4歳〜15歳)600円、4歳未満 無料

 

駐車しやすさ:★★★★★(大型駐車場で広々!ただし人気施設なので混雑時には要注意)

ドライブ魅力度:★★★★★(名護市内と沖縄美ら海水族館を結ぶ山越えルート沿い。人気のカフェや食堂も多く、やんばるの豊かな自然の中を気持ちよくドライブできます)

ナゴパイナップルパークの駐車場情報

ナゴパイナップルパークの駐車場

駐車場は超広々~!やや駐車スペースの幅が狭いようにも感じるため、運転が苦手な方は奥の空いているスペースが安心かも。

パイナップル号乗り場で例のCMソングが流れていましたが、なんと英語バージョンもあることが判明。アメリカ人の子ども達が流暢な英語で(当たり前!)「パパパパパパパイナッポ~」と歌っているのを聞いて、なぜか誇らしい気持ち(?)になった名護の日曜日でした。英語習いたい!



ナゴパイナップルパークの隣り!

合わせて読みたい!



投稿:ash