· 

【宿泊記】浦添西海岸「ホテルアラクージュ オキナワ」2022年に開業した話題の高層ホテル。客室、朝食ブッフェ、プール設備など最新レポ

那覇空港から車で約25分「ホテルアラクージュ オキナワ)
那覇空港から車で約25分「ホテルアラクージュ オキナワ)

2022年12月18日にグランドオープンした「ホテルアラクージュ オキナワ(以下、アラクージュ)」。那覇市のお隣、浦添市に初めて誕生した大型ホテルとして注目を集めるこちらは客室から景観、朝食まで、どれも他とは一味違った魅力がありました。実際に宿泊した様子をお届けします。

フロントは高層ビル9階

「ホテルアラクージュ オキナワ」専用エントランス
ホテルエントランスはオフィスエリアと別導線
「ホテルアラクージュ オキナワ」エントランスガーデン
生命力あふれる南国の植物が迎えてくれます

アラクージュはオフィスやカフェ、コンビニ等が入居する地上17階建てのビジネスタワー「ゆがふBizタワー浦添港川」に開業したホテル。沖縄本島北部を拠点とする県内ホテルチェーン前田産業ホテルズが手掛け、美ら海水族館近くの「ホテルマハイナ ウェルネスリゾートオキナワ」、「アラマハイナ コンドホテル」、名護市街地の「ホテルゆがふいんおきなわ」などに続く6番目のブランドとしてオープンしました。

「ホテルアラクージュ オキナワ」1階エントランス
ゲストは専用エレベーターで9階フロントへ
「ホテルアラクージュ オキナワ」フロアサイン
森の生き物をあしらったフロアサインがかわいい
「ホテルアラクージュ オキナワ」ロビー
卵型ソファを中央に据えた遊び心たっぷりのロビー

こちらのコンセプトは沖縄北部に広がる大自然「やんばるの森」の息吹を感じる場所だそうで、その通りエントランスからロビー、フロアサインに至るまで木をふんだんに使った空間にすごく癒されました。館内の香りも、葉が風で擦れる時にふわっと漂う匂いや樹木の蜜のような甘さを感じて良かったです。

非対面でスムーズにチェックイン

「ホテルアラクージュ オキナワ」専用チェックイン機1
フロント前に3台設置された自動チェックイン機
「ホテルアラクージュ オキナワ」専用チェックイン機2
領収書、ルームカードもこちらで受け取ります

9階に到着するとまずは自動チェックイン機で手続きを行います。ビジネスホテルでは定番のシステムですが、こういったリゾートホテルで見かけるのは珍しいですよね。まさかセルフだとはまったく思わず多少戸惑いましたが、対面接客時の感染リスク防止にもつながっていますし、スムーズにチェックインができたので便利に感じました。

「ホテルアラクージュ オキナワ」設備
各階に電子レンジ、飲料販売機、製氷機完備。コインランドリーは9階に設置

客室は10階~最上階の17階。各階の共有スペースも温かみのある雰囲気が続いており、電子レンジや製氷機などの設備面も万全です。9階にはプールの入口付近にコインランドリーもあるので夏場に重宝しそう。

ファミリーにうれしい畳間の客室

「ホテルアラクージュ オキナワ」客室1
デラックス畳小上がり(36平米)
「ホテルアラクージュ オキナワ」客室2
写真左下:ベッドの高さも低く、素足で過ごせるのが最高でした!

客室はベッドが二つ並んだ一般的なツインの洋室も選べましたが、今回は子連れ旅ということもあり、畳間のお部屋をチョイス。海側を指定したので畳で寛ぎながら西海岸のパノラマビューやサンセットをゆっくり堪能できました。そして何よりうれしかったのは、畳間のおかげでベッドからの転落を気にせずに過ごせたこと。和室と洋室、両方の良さを味わえる感覚で親子ともにリラックスできたのがとても良かったです。

「ホテルアラクージュ オキナワ」客室3
写真右上:ベッドの目の前には大型テレビ、写真左下:テレビの下は荷物置きで機能的
「ホテルアラクージュ オキナワ」客室4
写真左上:ミネラルウォーター、コーヒー、さんぴん茶、写真右下:セーフティボックスも完備

バストイレ別で使いやすい水回り

「ホテルアラクージュ オキナワ」客室5
ベッドから客室入口を振り返るとこんな感じ。木が主役のリラックス空間
ザ・グランドホテルギノワン客室9
写真右上:バスアメニティはPOLA「KALAHARI」シリーズ、写真左下: あると助かるバスチェア

水回りについては入口付近に集約されており、バストイレ別で抜かりなし。しかも浴槽が大きく、段差が付いているタイプなので半身浴まで楽しめました。ちなみにこちらでは環境保全の観点から歯ブラシやヘアブラシといったプラスチック製品のアメニティを客室に設置していないため、予め持参するのをお忘れなく。こういう取り組みを多くの人がコツコツ続けることで、今よりも良い方向に向かっていくといいなぁ。

沖縄食材を厳選した朝食ブッフェ

朝食ブッフェ7時~10時
朝食ブッフェ7時~10時

さて、翌朝は9階レストランの朝食ブッフェからスタートです。店内は大きな窓から差し込む朝日が気持ち良く、どの席からも西海岸のパノラマビューが見渡せます。

「ホテルアラクージュ オキナワ」朝食ブッフェ1
やちむんなど皿のセレクトや盛り付けにもこだわりを感じます
「ホテルアラクージュ オキナワ」朝食ブッフェ2
写真左上から時計回りにゴーヤさつま揚げ、グルクンの南蛮漬け、ミミガーピーナッツ和え、ラフテー
「ホテルアラクージュ オキナワ」朝食ブッフェ3
写真左上から時計回りにサラダコーナー、コーヒー、パン各種、サーターアンダギーとちんすこう
「ホテルアラクージュ オキナワ」朝食ブッフェ4
写真左上:2種類の麺で味わう沖縄そば、写真左上:白米とじゅーしー

気になるメニューのラインナップはこんな感じ。目移りしてしまうほど品数豊富なホテルブッフェもありますが、こちらではあえてメニューを絞り、食材の質や盛り付けの美しさを重視している印象でした。そのため一つ一つがどれも美味しく、「またおかわりしたいな」と思わせてくれるものばかり。

「ホテルアラクージュ オキナワ」朝食ブッフェ5
和食と洋食、どちらもバランスの取れたラインナップ
「ホテルアラクージュ オキナワ」朝食ブッフェ6
ライブキッチンではもずくやチーズを入れたオムレツを作ってくれます
「ホテルアラクージュ オキナワ」朝食ブッフェ7
食後のデザートはフルーツ充実。プーアル茶ゼリーとシャインマスカットに感激

一通り食べたなかでおすすめしたのは、もずくが練り込まれた沖縄そばとライブキッチンのオムレツ、それからデザート&フルーツです。特にフルーツはマスカット、パイナップル、ドラゴンフルーツなど、どれもフレッシュで食べ頃も完璧。ホウレン草とバナナのオリジナルスムージーもすごく美味しかったので見つけたらぜひ飲んでみてください♪

西海岸を望むプール&芝生エリア

「ホテルアラクージュ オキナワ」インフィニティプール
プール営業期間3月~11月、宿泊者は無料で利用できます

食後はレストランの目の前に広がるインフィニティプール&芝生エリアに向かってみました。この日はものすごい強風だったので立っているのがやっとでしたが(T.M.Revolutionごっこができるレベル!)、夏の日差しの中でのプールはきっと最高でしょうね~。

「ホテルアラクージュ オキナワ」キッズプール
インフィニティプールの後方にはキッズプール、シャワー設備も
「ホテルアラクージュ オキナワ」芝生エリア
プールに隣接する芝生エリアからは北谷、読谷方面の景色が楽しめます

次回はプール遊泳期間にお邪魔しようと思いつつ、やんばるの森を感じさせる空間に癒されたり、高層階ならではの大パノラマを満喫したりと、とても充実した滞在で帰るのが名残惜しくなりました。あと、繰り返しになりますがやっぱり畳間の客室が最高。近くにはお洒落な港川外人住宅や大型商業施設のパルコシティもあり、那覇や北谷へのアクセスも便利なので色々な楽しみ方ができそうです。県外からお越しの方も県内にお住いの方も一度はぜひ!


沖縄・浦添市「ホテルアラクージュ オキナワ」

〒901-2134 沖縄県浦添市港川512-55 ゆがふBIZタワー内

TEL  098-943-5300

公式サイト https://alacooju.com/

駐車料金 /1泊1台1,500円

駐車しやすさ/★★★★★(ホテル後方に駐車場あり。前後左右駐車しやすい)

ドライブ魅力度/★★★(浦添西海岸パルコシティまで車で約10分。宜野湾・北谷方面に行くのも便利)

※本記事の写真・文章の無断転載・無断使用はご遠慮ください。また、記事の内容は掲載時の情報となります。最新の情報とは異なる可能性がありますので事前にご確認ください。


関連記事

こちらもおすすめ


こちらもおすすめ

こちらもおすすめ



ホテルアラクージュ オキナワまでのドライブルート

「ホテルアラクージュ オキナワ」ドライブルート1
那覇から58号線の港川交差点を沖縄電力方面へ進み、最初の信号を右折
「ホテルアラクージュ オキナワ」ドライブルート2
自動車整備工場と沖縄電力の間の道を入ると、ホテル入口を発見

ホテルアラクージュ オキナワの駐車場

「ホテルアラクージュ オキナワ」駐車場1
駐車料金は1泊1,500円、チェックイン時に精算します
「ホテルアラクージュ オキナワ」駐車場2
建物裏手に100台分の駐車場完備
「ホテルアラクージュ オキナワ」ローソン
ビル1階には2023年1月上旬にコンビニがオープン予定

周辺は自動車整備工場や陸運事務所、タクシー営業所など自動車関連の工業エリアなのですが、高層階なのでそこまで気にならず。ホテルの空間同様、スタッフさんたちも温もりある接客で終始気持ち良く過ごせました。


※本記事の写真・文章の無断転載・無断使用はご遠慮ください。また、記事の内容は掲載時の情報となります。最新の情報とは異なる可能性がありますので事前にご確認ください。


投稿:あくまる

あわせて読みたい





同じカテゴリの記事をもっと読む