· 

【海前なのにこのコスパ!】北谷「ベッセルホテルカンパーナ沖縄」宿泊レビュー&朝食メニューレポ

那覇空港から車で約40分「ベッセルホテルカンパーナ沖縄」
那覇空港から車で約40分「ベッセルホテルカンパーナ沖縄」

沖縄北谷アメリカンビレッジ内にある「ベッセルホテルカンパーナ沖縄」に泊まってきました。アクセスや客室、大人気の朝食など、実際に泊まってみた感想を綴ります。▶姉妹ホテル「レクー沖縄北谷スパ&リゾート」宿泊記はこちらからどうぞ。

アメリカンビレッジ内に建つ絶好のロケーション

アメリカンビレッジ遠景
写真中央に見えるのがベッセルホテルカンパーナ沖縄

全国展開するベッセルホテルズの沖縄第一号店として2016年に開業した「ベッセルホテルカンパーナ沖縄」。今もなお高い人気を誇るその理由は、なんといっても利便性と景観、どちらも叶えたロケーションの良さだと思います。

アメリカンビレッジ風景
ホテルの目の前は西海岸の海とおしゃれな街並み

観光スポットの美浜アメリカンビレッジ内に位置し、ホテルの目の前に広がるのは西海岸の海。しかもすぐ隣りには幻想的な夕日で有名なサンセットビーチがあるので海遊びもバッチリ楽しめます。いや~改めて写真を見返してみても、よくこんな一等地に建ったなぁと驚くばかりです。交渉人のテクすごい。

ベッセルホテルカンパーナ沖縄のロビー
ロビーはサンセットビーチビュー!
ベッセルホテルカンパーナ沖縄のウェルカムドリンク&アイス
シークヮーサージュースとさんぴん茶のウェルカムドリンク

ホテルは本館とその隣に建つ別館の2棟から構成されており、チェックインはいずれも本館で行います。その際、14時~21時まではロビーでウェルカムドリンクとアイスキャンディーが用意されているのでお忘れなく。そういえば、近くにある姉妹ホテルの「レクー沖縄北谷スパ&リゾート」でも同様のサービスがありましたね!▶北谷の注目ホテル「レクー沖縄北谷スパ&リゾート」は最上階インフィニティプール&天然温泉が魅力。子連れにうれしい無料特典も

工夫たっぷりの全室バルコニー付き客室

ベッセルホテルカンパーナ沖縄のスタンダードツイン
宿泊したのは本館スタンダードツイン(26平米)

チェックイン後、ルームカードキーをかざして客室に入るとおお!なんだか天井が高~い!窓が足元まで続いているからか、開放感があります。靴を脱いで上がるスタイルも自宅感覚でリラックスできてイイ感じ。

ベッセルホテルカンパーナ沖縄の客室(洗面スペース)
洗面スペースがベッド横にあるのは意外と便利

しかもここの客室、手洗いスペースが独立しているのもすごく良かったんです。バス・トイレはユニット式ですが、手洗いスペースがバスルームの外にあるだけで快適度合いが違う。

ベッセルホテルカンパーナ沖縄の客室(洗面スペースに用意されたステップ)
こういう気遣い、ありがたい…!

子ども用のステップまで用意されていたので手洗いや歯磨きもバッチリ、子連れでもストレスなく過ごせました。リクエストすれば子ども用のキッズパジャマや浴室セットなどをレンタルできるほか、おむつやおしりふきまでもらえるそうですよ~!ベッセルすごい!

ベッセルホテルカンパーナ沖縄の客室備品
ベッセルオリジナルのラベルデザインがかわいい

通常の備品・アメニティに関しても一人1本のボトルウォーターをはじめ、さんぴん茶や緑茶のティーバッグ、スティックコーヒーなど、予想以上にしっかり用意されていました。連泊の場合は1階ロビーに設置されたアメニティコーナーから必要な分だけ取りに行けます。

ベッセルホテルカンパーナ沖縄の客室(ベッド)
バルコニーからの景色は実際泊まってみてのお楽しみ♪

また、今回はアメビレ側に向いた客室のため海は望めませんが、このエリア特有のカラフルな街並みを眺めるのも楽しかったです。まるでテーマパークの中に泊まる感覚。いつもは車内や徒歩の目線なのでこれは新鮮です。

ベッセルホテルカンパーナ沖縄の客室(サイドテーブル)
空気清浄機&サイドテーブルがあるのもイイ
ベッセルホテルカンパーナ沖縄の客室(ラゲージスペース)
荷物置きは取り出しやすい位置でストレスなし

26平米のコンパクトな客室ながら独立した洗面や荷物スペースの確保など随所に工夫が盛り込まれた空間で快適に過ごせました。ここなら大人数のファミリーやグループ旅行でもリラックスできそうです。

宿泊者は無料で利用できる大浴場

ベッセルホテルカンパーナ沖縄の館内着
館内着なので朝食会場で着ている人もいました

さらに客室のデスクの引き出しに部屋着を発見!ハイビスカスをあしらっているものの、パジャマというよりも浴衣風のデザインに近いような気がするぞ。ということは、もしかして…

ベッセルホテルカンパーナ沖縄の大浴場入口
大浴場の撮影はNG。詳細はぜひホテルHPでご確認ください

そうです!ベッセルホテルカンパーナ沖縄では最上階に大浴場を完備しているのです!しかも本館、別館ともに施設があるので移動の手間ナシ。これなら客室がユニット式でもまったく問題ありません。

ベッセルホテルカンパーナ沖縄の大浴場入口2
大浴場の入口ではシーサーがお出迎え
ベッセルホテルカンパーナ沖縄の休憩ルーム
休憩ルームでは絶景を眺めながらマッサージもできますよ~
ベッセルホテルカンパーナ沖縄の休憩ルーム
さすが最上階、ものすごいパノラマビュー!

大浴場は海側に向いているため、真っ赤な夕日が沈むサンセットを眺めながらの入浴は最高。湯上り後は休憩ルームでゆったり景色を楽しむのも贅沢です。

朝食はまぐろ丼やあぐーハムが美味しいご当地ごはん

ベッセルホテルカンパーナ沖縄の朝食例1
メニューは日替わりなので連泊でも問題ナシ

翌日はホテル滞在の最後の楽しみともいうべき朝食からスタート。ベッセルグループではホテルごとにその土地のご当地メニューを味わえるとあってビュッフェ台には沖縄そばに三枚肉、もずくにタコライスとうちなーグルメがずらりと並んでいました。

ベッセルホテルカンパーナ沖縄の朝食例2
離乳食には和光堂の栄養マルシェシリーズを採用

沖縄料理を中心としながらも和食、洋食系も揃っているので老若男女問わず安心。小さなお子様用にはキッズプレートや紙エプロンのほか、離乳食の用意もありましたよ!これはすごい。

ベッセルホテルカンパーナ沖縄の朝食(まぐろ刺身)
ベッセルホテルカンパーナ沖縄の朝食(海ぶどう)
ベッセルホテルカンパーナ沖縄のオリジナル海鮮丼
これ、最高でしたよ!

一通り食べて特に感激したのは、県産まぐろと好きな具材をのせて味わうオリジナル海鮮丼です。海ぶどうに明太子、錦糸卵、最後に薬味を散らしてかきこめばもう言葉はいらない…!普段はパン派なんですが、がっつりお替わりしちゃいました。

ベッセルホテルカンパーナ沖縄の朝食例3
ブルーシールアイスも好きなだけスクープできちゃう

その後はマンゴー&ブルーシールアイスを盛り付けた豪華版パンケーキで〆。種類はそこまで多くありませんがスイーツ&フルーツもしっかり揃っていました。写真後ろの黒糖ロールケーキも黒糖の素朴な甘さが◎。

ベッセルホテルカンパーナ沖縄の朝食ビュッフェ会場
海が見える窓際席がおすすめ

ビュッフェの内容は姉妹ホテルのレクーとは微妙に違うので両方泊まって比べてみるのも面白そうです。海前のベッセルホテルカンパーナを選ぶか、おしゃれな雰囲気で写真映えするレクーを選ぶか。実際に両方泊まった自分としては、正直どちらも好き!今回は1人1泊朝食付きで1万円以下にも関わらず想像以上に立派なお部屋&充実の朝ごはんで大満足の滞在でした。

▶【ホテル宿泊記】「レクー沖縄北谷スパ&リゾート」の朝食ビュッフェの内容公開。南国フルーツあり、沖縄スイーツあり、朝から泡盛まで飲める!



沖縄・北谷町「ベッセルホテルカンパーナ沖縄」

〒904-0115 沖縄県中頭郡北谷町美浜9−22

TEL 098-926-1188(代表)

公式サイト https://www.vessel-hotel.jp/campana/okinawa/

駐車しやすさ★★★★★(地上、地下ともに停めやすい。立体も含めて合計240台ほど完備されているので夕方チェックインでも比較的安心です)

ドライブ魅力度★★★★(食事も買い物にも便利なアメリカンビレッジ内のロケーション)


関連記事

関連記事



ベッセルホテルカンパーナ沖縄の駐車場

ベッセルホテルカンパーナ沖縄の地上駐車場
ホテルの前面に大型駐車場完備
ベッセルホテルカンパーナ沖縄の地下駐車場
地下駐車場でも外からの光があるので見やすく、前後左右のスペースもゆとりがあります

姉妹ホテルの「レクー沖縄北谷スパ&リゾート」の朝食も美味しかったですが、こちらも負けていません。特にまぐろ丼は幸せ。朝からブルーシールを好きなだけ食べれるのも幸せ。


※本記事の写真・文章の無断転載・無断使用はご遠慮ください。また、記事の内容は掲載時の情報となります。最新の情報とは異なる可能性がありますので事前にご確認ください。


投稿:あくまる

あわせて読みたい





同じカテゴリの記事をもっと読む