· 

【絶景スポット】ニライビーチ(読谷村)はアリビラ宿泊者じゃなくても利用可能な絶景ビーチ。トイレ、更衣室、シャワーなどの設備詳細、駐車場情報あり

ホテル日航アリビラ前に広がる天然ビーチ
ホテル日航アリビラ前に広がる天然ビーチ

読谷村までドライブしてニライビーチに行ってきました。こちらはホテル日航アリビラが管理するビーチですが、宿泊客でなくても無料で遊べるビーチ。実際の海の透明度やビーチへの行き方、無料の駐車場についてまとめました。

階段の下に広がる青の世界

ニライビーチ入口前の看板
階段の入口に掲げられた遊泳時間。季節によって変動します

「ニライビーチってアリビラのプライベートビーチじゃないの!?」とよく誤解されているのですが、実はれっきとした村営ビーチ。ホテルに隣接しており、誰もが自由に利用できるようになっています。

ビーチまでの階段
ビーチ専用駐車場からは階段を使ってアプローチすることになります

近くには専用の無料駐車場もしっかり確保され、ビーチまでは写真の通り30段ほどの階段を下りてエントリーします。車いすやベビーカーの方はホテル方面にスロープがあるのでそちらをご利用ください。

木々の隙間から見える海の青さにテンションは既にMAX
木々の隙間から見える海の青さにテンションは既にMAX

階段に差し掛かった時点で既に視界の先には真っ青な海。はやる気持ちを抑えて足元をしっかりと見ながら降りていきましょう。

真っ白なビーチだけどサンダルは必須!

干潮のニライビーチ
干潮でもこの美しさ。さすが天然のビーチです
サラサラの砂浜は触っても踏みしめても気持ち良い
サラサラの砂浜は触っても踏みしめても気持ち良い

ビーチに降り立つと、とにかく真っ白な砂浜に感動。あまりにも白すぎるため、砂の粒が分かりやすいように写真を意図的に暗くしてみました。手の平に取った砂はキメが細かく、サラサラと風に流されるほど。

カタチあるサンゴも多く、ビーチを歩くときにはサンダルが必須となります
カタチあるサンゴも多く、ビーチを歩く時は裸足は危険

こんなにきれいな砂浜だと思わず裸足になりたくなるものですが、浜辺には砂以外にも化石サンゴの欠片や流れ着いた石などが多くゴツゴツとしているのでサンダルは必須です。

サラサラの砂浜と同時に、綺麗なサンゴや貝殻を探すビーチコーミングも楽しめます
貝殻やシーグラスを探すビーチコーミングも楽しそうですね~

沖縄の砂浜は本土のように鉱物からなる「砂」ではなく、サンゴや貝殻が長い年月をかけて風化してできたもの(他にもイラブチャーの排泄物などもありますが雰囲気ぶち壊しなので興味のある方はググってみて!)。数万年、数千年、数百年という想像を絶するほど長い時間をかけて完成された自然の芸術は眺めているだけでも飽きません。

ニライビーチの透明度、遊泳エリアは?

海の底までしっかりと見通せるクリアな海水
海の底までしっかりと見通せるクリアな海水

真っ白な砂浜の先にはこんなにきれいな海が広がっています。ニライビーチ最大の魅力は、市街地からの近さを感じさせない圧倒的にクリアな海水でしょう。もちろん同じようにきれいな海は他にもありますが、アクセスの良さを考えるとニライビーチの実力は群を抜いていると思います。

遊泳エリアにはハブクラゲネットも完備されて安心
遊泳エリアにはハブクラゲネットも完備されています

また、リゾートホテル前のビーチにも関わらず、天然ビーチの良さを残すために海底の掘削を行っていないというのもすごいところ。だからこそ干潮時間には「これだけ…?」と思うほど遊泳エリアが少なくなりますが、ありのままの姿を残した遠浅の海は小さな子ども連れのファミリーにも安心です。

更衣室やシャワー、トイレなどの施設も万全

ビーチの中央部分に設けられた「MARINE HOUSE」
ビーチの中央部分に設けられた「MARINE HOUSE」
「MARINE HOUSE」前には無料の足洗い場も完備されています
建物前の足洗い場は無料で利用できて便利

ビーチ中央部分には「MARINE HOUSE」という管理事務所があり、夏場の遊泳シーズンには監視員やライフガードがスタンバイ。更衣室やお手洗い、温水シャワーやコインロッカーも利用できるので快適性も抜群です。

グラスボートやクルージングなどマリンアクティビティも充実
オンシーズン中はグラスボートやクルージングなどマリンアクティビティも充実
ウェイクボードやチューブ系、SUPやカヌーといった定番どころは全て網羅されています
ウェイクボードやチューブ系、SUPやカヌーといった定番どころは全て網羅

さらにホテル日航アリビラを訪れるゲストも多いことから、シーズン中は各種マリンアクティビティも充実しています。ゆったりと過ごすのも素敵ですが、南の島らしくアクティブにマリンスポーツを楽しんでみるのもおすすめですよ。

海と空はもちろんですが、南国らしい青々とした植物も魅力
ビーチの周辺に咲く南国の花や植物の美しさも魅力です

以上、リゾートホテルのビーチならではの快適性と自然そのままの姿を同時に満喫できるニライビーチについての情報でした。那覇空港から一般道で約1時間、北谷からは約30分のドライブという好立地にあり、これだけの絶景を楽しめるのは本当に貴重です。アメリカ人で賑わう北谷のアラハビーチやサンセットビーチも良いですが、また違った魅力を持つニライビーチにもぜひ訪れてみてください。



沖縄・西原町「ニライビーチ」

〒904-0327 読谷村字儀間600

入場料金・駐車料金/どちらも無料

遊泳期間/一年中※遊泳時間帯の詳細は日航アリビラ公式ページをご確認ください。

駐車しやすさ★★★★★(広々とした無料駐車場完備。但しそこが満車場合はアリビラの有料駐車場に停める必要あり)

ドライブ魅力度★★★★★(サトウキビ畑を抜けてアクセスする沖縄らしい風景が楽しめます。残波岬まで車で5分ちょっと、宇加地ビーチは10分ちょっと、真栄田岬は15分ちょっとと絶景スポットが盛りだくさん♪)


こちらもおすすめ!

近くの美味しいランチ

近くの美味しいランチ



ニライビーチのアクセス・無料駐車場

ニライビーチまでのドライブルート
読谷村へは国道58号線の伊良皆交差点を左折(※那覇方面からの場合)
ニライビーチまでのドライブルート2
途中でニライビーチの案内看板が見えてきます
ニライビーチまでのドライブルート3
途中サトウキビ畑の中を走ります。むら咲むらの側道へ入る(写真では直進)と分かりやすいですよ
ニライビーチの専用駐車場
アリビラの敷地内に入り、ニライビーチ専用駐車場に停めればOK

ニライビーチまでの道すがら「Gala青い海」としか書かれていない看板があったり、農道をナビが指示したりと不安になるような場面が多々ありますが、とにかく気にせずアリビラ方面にGO!なんとなくアリビラを目指していけば到着しますよ~♪


※本記事の写真・文章の無断転載・無断使用はご遠慮ください。


投稿:ash

あわせて読みたい




同じカテゴリの記事をもっと読む