· 

【沖縄ホテル宿泊記】美々ビーチ目の前の糸満市「サザンビーチホテル&リゾート沖縄」の客室・アメニティ・フォトスポット・ビーチなど詳しく。駐車場情報あり

那覇空港から車で約20分「サザンビーチホテル&リゾート沖縄」
那覇空港から車で約20分「サザンビーチホテル&リゾート沖縄」

沖縄・糸満市にある「サザンビーチホテル&リゾート沖縄」に泊まってきました。那覇空港から20分足らずの場所にありながら、ビーチとプール両方楽しめるのがこのホテル最大の魅力。客室やアメニティ、朝食ビュッフェの内容など、写真付き(枚数多め)でアップします。

ビーチ側・ハーバー側どちらも楽しい客室

サザンビーチホテル&リゾート沖縄の客室

「サザンビーチホテル&リゾート沖縄」の客室は階数や客室タイプによってインテリアを変えているそうで、今回泊まったデラックスハイフロア(30㎡)はグリーンを基調にした優しい雰囲気。

サザンビーチホテル&リゾート沖縄の客室から見える景色

448ある客室はビーチ側とハーバー側に分かれており、こちらはハーバー側です。もちろんビーチ側に比べると割安感があるというのが選んだ理由なんですが、ハーバー側の景色もこれはこれで面白いのです。なぜなら…

ハーバーというよりもドックに近いかも

ハーバーといっても富豪が所有するようなクルーザーが停泊しているのではなく、写真のようにどちらかというとドックに近い雰囲気。三菱重工の長崎造船所に比べると規模が小さいものの、こんなダイナミックな景色を見れるホテルはなかなかありません。

バルコニー付きで開放感抜群

バルコニーがあります

客室ごとにバルコニーが設置されているので夜風に吹かれながらドックを眺めるのも楽しい。夜間の船の往来は少ないですし、幹線道路から離れているのでとても静かでした(ただし隣りとの境は丸見えなので要注意)。

「サザンビーチホテル&リゾート沖縄」の客室風景

客室内は30㎡なので狭さを感じず、1歳児を含めた家族3人が滞在するにはちょうどいいサイズ感。

沖縄伊藤園「WATER FROM OKINAWA(ミネラルウォーター)」のサービスも

冷蔵庫の中には沖縄伊藤園「WATER FROM OKINAWA(ミネラルウォーター)」缶が用意されていました。キンキンに冷えていたので割り材にピッタリ。

サザンビーチホテル&リゾート沖縄の水回り

水回りはユニット式でしたが、ランクアップすればセパレート式のお部屋もあるそうです。

子どもも喜ぶフォトスポットがたくさん

サザンビーチホテル&リゾート沖縄のフォトスポット

客室に荷物を置いた後は、夕食までに時間があったので家族でぶらぶら散策してみました。ホテルの敷地内にはフォトスポットが点在しているので飽きません。例えば上記のようなハイビスカスの壁面アートに…

巨大ヤンバルクイナ像もあります

ヤンバルクイナの巨大アート。1歳の子どもと比べると本当に大きい!カラフルな色合いと迫力に息子も興味津々でした。

定期的に那覇空港を飛び立つ飛行機が見えます

夕暮れになり、上を見上げると飛行機が。那覇空港を離着陸する機体が定期的に現れるので飛行機好きな方にもオススメのホテルです。

プールもビーチも大満喫!

プールは屋内・屋外の2種類

さらにオンシーズンの場合は丸い形がかわいい屋外プールで遊ぶのもきっと楽しいと思います。ヤシの木が揺れていて南国ムードたっぷり。同じ1階に屋内プールもあるので季節や気温に合わせて使い分けたいところ。

ホテルのビーチ専用出入口から出発

ホテル目の前の美々ビーチにはゲスト専用ゲートから出入りします。沖縄らしくシーサーがお出迎え。

徒歩1分で美美ビーチ

ゲートから歩いて1分もたたないうちにビーチの正面ゲートに到着しました。

美々ビーチいとまんからホテルを望む

ホテルからビーチまでは道路を挟んでいるものの、ビーチと海、両方楽しめるのはやはり贅沢です。ここはやっぱり夏に来たいなぁ。また利用します!



沖縄・糸満市「サザンビーチホテル&リゾート沖縄」

〒901-0306 沖縄県糸満市西崎町1-6-1

TEL098-992-7500

公式サイト/https://www.southernbeach-okinawa.com/

駐車しやすさ★★★★★(ホテル前に平面の専用駐車場あり。台数多めで停めやすい)

ドライブ魅力度★★★★★(アウトレットモールあしびなーやイーアス豊崎、南部観光もスムーズに行けるエリア)

サザンビーチホテル&リゾート沖縄の駐車場

「サザンビーチホテル&リゾート沖縄」の駐車場
平面でひろびろ~!

ホテル目の前がゲート式の駐車場になっています。利用料金は1泊550円、レストランの利用者は2時間まで無料。

プールと海、どちらも楽しみたいカップルやファミリーにおすすめ。オフシーズンは敷地内のフォトスポットで記念撮影を楽しんだり、糸満の市内観光や豊見城市、少し足を延ばして南部ドライブに出掛けてみて。


※緊急事態宣言期間中の取材撮影は行っておりません。また、本記事の写真・文章の無断転載・無断使用はご遠慮ください。


近くの絶景フォトスポット

もっと沖縄ホテル



投稿:あくまる

あわせて読みたい




同じカテゴリの記事をもっと読む