· 

【ホテル宿泊記】恩納村「沖縄かりゆしビーチリゾート」は沖縄旅行のワクワク感が詰まったオールラウンダー型オオバコホテル。客室、プール、キッズサービスなど詳しく

那覇空港から沖縄自動車道を経由して車で約1時間「沖縄かりゆしビーチリゾートオーシャンスパ」
那覇空港から沖縄自動車道を経由して車で約1時間

沖縄屈指のリゾートエリア、恩納村にある「沖縄かりゆしビーチリゾート・オーシャンスパ(以下、沖縄かりゆしビーチリゾート)」に泊まってきました。宿泊したのはオフシーズンの春先だったのですが、学生やカップル、ファミリーにご高齢のツアー客まで大勢訪れていてびっくり。幅広い客層に愛されるその理由とは?▶飲み放題が楽しい!ディナービュッフェ記事はこちらからどうぞ。

地元企業系老舗リゾートホテル

沖縄かりゆしビーチリゾートオーシャンスパ外観
地元では知らない人はいない有名ホテル

沖縄かりゆしビーチリゾートは沖縄県内で数軒のホテル事業やブライダル、飲食店などを展開するかりゆしグループが所有するホテルであり、グループの中核を担う位置付けです。2022年で創業60周年を迎えた老舗のため建物自体は多少年季が入っていますが、周辺に県内や海外資本のリゾートホテルが建設される中で地元企業が奮闘していることにすごさを感じます。

沖縄かりゆしビーチリゾートオーシャンスパの水槽
水槽の中にはニモやドリーなどおなじみの熱帯魚がたくさん!
沖縄かりゆしビーチリゾートオーシャンスパのロビー
中央ロビーは誰でもゆったり過ごせるオープンスペース
沖縄かりゆしビーチリゾートオーシャンスパのアメニティステーション、ウェルカムドリンク
写真左:アメニティステーションにはさんぴん茶、歯ブラシなどが用意されていました

到着後はエントランスすぐの場所にあるカウンターでチェックインを済ませて客室へ。途中、熱帯魚が泳ぐ水槽が設置されていたり、中央のロビーには黄金の玉座が輝いていたりと、客室までの道中にも楽しい仕掛けが目白押しで俄然テンションが上がります。セルフで自由に飲めるウェルカムドリンクのコーナーや新設されたアメニティステーションも見逃せません。

唯一無二の記憶に残る客室

沖縄かりゆしビーチリゾートオーシャンスパのロビー俯瞰
中央ロビーを上から眺めるとこんな感じ

ホテル全体としてはオーシャンタワーとウィングタワー、大きく分けて2つの建物で構成されており、さまざまな好みや用途に合わせた客室が特徴。例えば、ショップやレストランはほぼすべてウィングタワー側に集中しているのであまり移動したくない人はウィングタワー、東シナ海の景色を楽しみたい人はオーシャンタワーといった選択が可能です。とはいえ今回の宿泊では客室お任せのお得プランにしたため、お部屋に到着するまでは完全なるミステリー。さて、どんなお部屋になったかといいますと…

沖縄かりゆしビーチリゾートオーシャンスパの客室(フォースルーム)
フォースルームマウンテンビュー 39~42平米
フォースルーム (マウンテンビュー)39~42平米

まさかのフォースルーム!?大人2名+幼児1名なのでツインベッドがあれば充分なんですが、ウィングタワーの中ではここが一番コンパクトな客室のようです。すごい~!

沖縄かりゆしビーチリゾートオーシャンスパの客室(洗面)
沖縄かりゆしビーチリゾートオーシャンスパの客室(バスルーム)

ファミリーやグループ旅行にピッタリな客室は水回りに関しても万全です。多少の古さは感じるものの、しっかりお手入れされていて清潔感あり。2ボウルの洗面&バストイレ別、クローゼットやトランクスペースも充分確保されています。

沖縄かりゆしビーチリゾートオーシャンスパの客室(バルコニー)
沖縄かりゆしビーチリゾートオーシャンスパの客室(バルコニー2)

バルコニーに出てみると、遠景ではありますがプール越しに海が広がっていました。さらにもう少し先にはハワイ発の高級ホテル・ハレクラニ沖縄、またこの客室からは見えませんが、反対側の山間にはマリットからリブランドしたばかりのオリエンタルホテル 沖縄リゾート&スパが建っています。

▶【クラブラウンジ】名護「オリエンタルホテル 沖縄リゾート&スパ」専用クラブラウンジの内容まとめ。サービス案内・メニュー写真多め・駐車場情報あり

沖縄かりゆしビーチリゾートオーシャンスパの客室デスク
テーブルめっちゃ渋い
沖縄かりゆしビーチリゾートオーシャンスパの客室ソファ、ルームウェア、チケット
写真右上のルームウェアは薄手のワンピースタイプでした

広さや使い勝手、景色も申し分ない客室ですが、個人的には中央に配置されたカウンターテーブルや背もたれがエビテール(?)っぽいソファなど、昭和レトロなインテリアにもそそられました。最近のホテルでは絶対に出合えない特別感といいますか、お宝感といいますか。クルマ同様、今となってはすごく斬新な味わいですごく面白かったです。

プールにビーチ、大浴場と楽しみ方無限大

オリエンタルホテル 沖縄リゾート&スパのガーデンプール1
プールの遊泳期間は3月中旬~10月まで(詳細は公式HPにてご確認ください)

客室でひと休みした後は館内を散策することに。8万坪もの広大な敷地はホテル周辺をぶらぶら歩くだけでもいい運動になります。夏場はインドアを含めた3カ所のプールで泳いだり、無料のシャトルバスで3分ほどの場所にある「かりゆしビーチ」に行ってみるのも楽しそう。

沖縄かりゆしビーチリゾートオーシャンスパのバータイラ
バーラウンジタイラでは17~19時ドリンク、アルコール類が半額!

ご夫婦やツアーで来ていた方々は大浴場やバーラウンジタイラでまったり過ごしており、同じホテルにいながら世代によって思い思いの滞在ができるのが魅力に感じました。コンテンツが豊富なので夕食までの空き時間も一瞬たりとも飽きさせません。

沖縄かりゆしビーチリゾートオーシャンスパのシーサー
家族やグループの記念撮影に最適

我が家の場合は、館内の至る所で見かけるシーサーとのふれあいを満喫しました。運気が上がりそうな黄金の巨大シーサー像を筆頭に、100体ぐらいいるんじゃなかろうか。

沖縄かりゆしビーチリゾートオーシャンスパのシーサー2
みんな笑っていて元気をもらえます

サッカー選手風や忍者風、バイカー風など一つ一つどれも個性的で表情豊か。2歳の我が子は沖縄そばを立って食べている子がどうしても気に入らなかったらしく、「座って食べるよ!」と注意していました(怖…)

キッズエリアも屋内外に2ヶ所設置!

沖縄かりゆしビーチリゾートオーシャンスパの遊具
アメリカンなログハウス風のオリジナル遊具

遊び足りないキッズにはプール近くに設置された遊具やオーシャンタワー1階に設けられたキッズルームがあるので安心です。

沖縄かりゆしビーチリゾートオーシャンスパのキッズエリア
キッズルームは朝7時~夜21時までオープン

屋内のキッズルームで一際目立っていた木製たまごプールは、すべて県産木を使用して職人さんが一つ一つ加工したのだとか。触ってみるとツルツルしていて香りが良い。オリエンタルホテルのキッズルームにも木製遊具が並んでいましたが、木育って注目されているんですね!

▶【キッズルーム詳細あり】名護市「オリエンタルホテル 沖縄リゾート&スパ」朝食メニュー、プール、アメニティ等リニューアルのポイントは?

かりゆしドリームファンタジーは冬の風物詩

沖縄かりゆしビーチリゾートオーシャンスパのドリームファンタジー1
かりゆしドリームファンタジーの開催時期は例年11月~2月末

また、日が暮れてからはプールサイドの屋外ステージで琉球芸能や島唄、ハワイアンなど、週末になるとさまざまなライブイベントが企画される点にも注目です。オフシーズンには写真のような「かりゆしドリームファンタジー」も同時開催されるので特におすすめ。

沖縄かりゆしビーチリゾートオーシャンスパのドリームファンタジー2
県民のデートスポットとしても大人気
沖縄かりゆしビーチリゾートオーシャンスパのドリームファンタジー3
冬の沖縄ならではの澄んだ空気と幻想的な光に癒されます

気付けばチェックインからチェックアウトまで一歩も外に出ることなく、かりゆし王国で満喫。沖縄旅行に期待することといえば人それぞれだと思いますが、パッとイメージして思い浮かぶビーチやプール、オーシャンビューの景色など、かなりの要素を網羅しているので終始ワクワクできました。やっぱり定番は強いし、色々楽しんだ後で最後に戻ってくるのもまた定番なのかなと。かりゆし、イイです!



沖縄・恩納村「沖縄かりゆしビーチリゾート・オーシャンスパ」

〒904-0401沖縄県国頭郡恩納村名嘉真ヤーシ原2591-1

TEL 098-967-8731(代表)

公式サイト https://kariyushi-oceanspa.jp/

駐車しやすさ★★★★★(前後の間隔広めで停めやすい。台数には余裕がありますが、夕方にはエントランス手前からどんどん埋まっていくので早めのチェックインが安心かも)

ドライブ魅力度★★★★(名護市と恩納村の境界付近は沖縄最大のリゾートエリア。美しい海岸線と南国ムードたっぷりのホテルが軒を連ねています)


関連記事

もっと沖縄ホテル宿泊記



沖縄かりゆしビーチリゾートの駐車場

オリエンタルホテル 沖縄リゾート&スパ駐車場
ホテル前面に大型駐車場完備。オンシーズンでもどこかしら空いています

上記の通り客室、設備も良かったんですが、実は一番楽しかったのはレストラン「暖琉満菜」でのディナービュッフェです。詳細はこちらからどうぞ。


※本記事の写真・文章の無断転載・無断使用はご遠慮ください。


投稿:あくまる

あわせて読みたい





同じカテゴリの記事をもっと読む