· 

ビュッフェレストランシーフォレスト(ホテルモントレ沖縄 スパ&リゾート5F)ディナー、朝食の内容は?子どもと一緒に楽しめるメニューが豊富なオールデイダイニング

和洋中琉の多彩な料理が楽しめるレストラン「シーフォレスト」
和洋中琉の多彩な料理が楽しめます

フレンチや鉄板焼き、日本料理といった趣向を凝らしたさまざまなレストランが揃うホテルモントレ沖縄 スパ&リゾート。そのなかでもファミリーに人気のビュッフェレストラン「シーフォレスト」に行ってきました。ディナー、朝食ともに写真多めにアップします。▶ホテルの客室や施設はこちら▶絶景ティーラウンジの様子はこちらからどうぞ。

上質さを感じさせるビュッフェレストラン

ダウンライトに照らし出されたショップサインが目印
ダウンライトに照らし出されたショップサインが目印

今回の宿泊では、朝・夕共にシーフォレストでのビュッフェがセットになった2食付きプランを利用しました。本来であれば朝夕と別々のレストランを訪れたいところですが、小さな子どもを連れてのフレンチや鉄板焼きは地獄絵図しか浮かばず断念…

店内は琉球石灰岩を思わせる白壁がおしゃれ
店内は琉球石灰岩を思わせる白壁が目を引きます
ビュッフェ台は大きく分けて3か所あり、ゲストの分散化が図られていました
ビュッフェ台は3か所に配置されゲストの分散化が図られていました

ただ、シーフォレストに足を運んでみると思った以上に落ち着いた雰囲気で高級感あり♪それでいて子ども連れのゲストも多いので安心して食事が楽しめそうです。

前菜系からガッツリメインまで品数豊富

写真右は沖縄県産の近海まぐろにドライトマトを合わせた一皿
写真右は沖縄県産の近海まぐろにドライトマトを合わせた一皿
エディブルフラワーが添えられたタコのカルパッチョは見た目にも美しい
エディブルフラワーが添えられたタコのカルパッチョは見た目もきれい

所々に配置されたビュッフェレーンの中でまず向かったのは冷製コーナー。夕食でありながらタパス的な楽しみもできそうな料理がズラリと並んでいます。シーフード系の料理が多いのもこちらのレストランの特徴かもしれません。

クリームチーズと甘さ控えめのコンフィチュールは辛口のお酒にも合いそう
お酒にぴったりなクリームチーズ&コンフィチュール

どれも素敵な器に盛り付けられ彩り豊か。少なくなった料理の入れ替えもスムーズに対応されていたので気持ちよく食事ができました。

ガッツリ目の味付けが食欲をそそるローストチキン
にんにくの香りが食欲をそそるローストチキン
沖縄らしい三枚肉の煮付けは皮が付いたまま提供されます
沖縄らしい三枚肉の煮付けは皮が付いたまま提供されます

続くホットミールのコーナーは大ぶりカットのお肉たちがドドーン。オリオンビールが運営する「ホテルオリオンモトブリゾート&スパ」のディナービュッフェもタンパク質多めの布陣でしたが、こちらも負けていません。

県産豚は水菜と一緒にしゃぶしゃぶで♪
県産豚は水菜と一緒にしゃぶしゃぶで♪

さまざまなジャンルの人気メニューを一度にいただけるのはビュッフェの醍醐味というもの。まぐろや豚肉、島野菜などの県産食材を使った料理は旅行中の思い出にもなりそうです。でもこの時点で食べ過ぎるのは要注意。なぜなら…

ライブキッチンのステーキ&県産カツが美味しい

ライブキッチンは一番目立つ場所に用意されています
今回のライブキッチンではステーキと豚カツが提供されていました

中央に輝く白亜の城、ライブキッチンの料理をまだ食べていないから!

焼かれていたのはサーロインの部分。想像以上に柔らかい!
焼かれていたのはサーロインの部分。好みの調味料でいただきます

シーフードも充実していますが、そこはやはり肉食県である沖縄。焼き立ての赤身ステーキは外せません。ビュッフェのステーキゆえに正直それほど期待はしていなかったものの、想像以上に柔らかくぺろりと完食。

もう一つのライブキッチンでは揚げたての一口カツを提供♪
もう一つのライブキッチンでは揚げたての一口カツを提供♪

しかし、ステーキ以上に美味しかったのはこちら。衣はさくさく、中はジューシーな県産豚の一口カツです。これは無限に食べられるヤツ。ライブキッチンでのトンカツは珍しいように思いますが、定番にして欲しいくらい美味しい。しかも何気なく添えられたレタスもびっくりするほど新鮮で二重の驚きでしたよ。

お寿司もパンもデザートも揃っています

海老・イカ・サーモンの握り
海老・イカ・サーモンの握り
各種パンと合わせてクリスピーなピザもありました
各種パンの他にクリスピーなピザもありました

その他、寿司やピザといった胃袋MAXへの最短距離となる危険な料理も並んでおり、欲望と自制の戦いが繰り広げられたのはいうまでもありません。

スイーツコーナーにはプリンやケーキ、フレッシュフルーツも
スイーツコーナーにはプリンやケーキ、フレッシュフルーツも
甘いものはやはり別腹
甘いものはやはり別腹

スイーツコーナーには10種類ほどのケーキやフルーツが並んでいました。紅芋タルトに使われているクリームはティーラウンジで提供された紅芋モンブランと同じように感じましたがどうなんでしょう。いずれもホテルメイドらしく美味♪

キッズコーナーはお祭り状態

キッズコーナーにはタコ焼きやポテトフライ、アメリカンドッグなどをラインナップ
キッズコーナーにはタコ焼きやポテトフライ、アメリカンドッグなどをラインナップ
こちらはタコ焼き。揚げ焼きのような見た目なので銀だこ風?
こちらはタコ焼き。揚げ焼きのような見た目なので銀だこ風?
アメリカンドッグは物量を考慮して輪切りカット
アメリカンドッグは物量を考慮して輪切りカット

ビュッフェの一角にはキッズコーナーも用意されており、5~6種類のお料理が並んでいました。揚げ物メインなのが若干気になりますが、こういうお祭りメニューもたまには楽しいですもんね。うちの子にはまだちょっと早いかな~という場合は、キッズコーナー以外にも島豆腐や豚しゃぶといった料理が揃っているため、お湯で割って薄味にしたり細かくカットすればOKだと思います。

アルコールのセルフ飲み放題も追加OK

泡盛やウイスキーなどアルコール類も追加料金で飲み放題可能
泡盛やウイスキーなどアルコール類も追加料金で飲み放題可能

ちなみにこちら、追加料金2,500円を支払えばアルコールの飲み放題(120分制限、90分ラストオーダー)をセットにすることも可能です。ビュッフェレストランなので当然といえば当然なのでしょうが、この飲み放題もセルフ方式(この辺りは正直好みが分かれそうです)。

オリオンビールやチューハイはサーバーから注ぐスタイル
オリオンビールやチューハイはサーバーから注ぐスタイル

そういえば以前宿泊したサンコーストホテルAJリゾートアイランド伊計島もセルフ式のアルコール飲み放題でしたが、カジュアルホテルではそれが「楽しい」と感じてしまうので不思議です。果たしてこのセルフ飲み放題は沖縄ホテルビュッフェのスタンダードになるのか?引き続き動向を見守りたいと思います。

ディナービュッフェ一例
ホテルから一歩も出ることなく夕食を楽しめるのはホテルレストランならでは
ホテルから一歩も出ることなく夕食を楽しめるのはホテルレストランならでは

そんなこんなで色々と取って来た料理がこちら。ローカルのお店を楽しむもの良いですが、小さな子ども連れだとホテルのレストラン利用が負担もなく便利。大人ひとり5,000円(税サ込)で快適性と美味しさの両方を取るという選択肢は大いにありだと感じました。

朝食ビュッフェは青い海を眺めながらゆっくりと

シーフォレストの朝食ビュッフェは6時30分から
朝食ビュッフェは6時30分~とリゾートホテルとしては早めのスタート
西側に面しているため日差しが眩しいなんてこともありません
西側に面しているため日差しが眩しくて大変なんて心配もナシ

さて、続いてはディナーとは打って変わり、爽やかな雰囲気を感じさせるモーニングビュッフェをご紹介します。シーフォレストはホテルの5階部分、海側に面しているためオーシャンビューの絶景を眺めながら朝食を楽しめます。

朝食時には夕食時以上に種類豊富なパンが並んでいました
朝は夕食時以上に種類豊富なパンが並んでいました
新鮮なサラダ類も充実
新鮮なサラダ類も充実
コールドミートやチーズは数年前から朝食ビュッフェの定番になりましたよね
コールドミートやチーズは朝食ビュッフェの定番になりましたよね

ビュッフェレーンをざっと見渡すと朝食ビュッフェのメニューもディナー同様豊富に揃っていますが、ジャンルとしては洋食が多い印象です。ホテルメイドのパンにハムにチーズ、フレッシュサラダが基本の形。

写真右上は豆腐チャンプルー、右下は軟骨ソーキです
写真右上は豆腐チャンプルー、右下は軟骨ソーキです

でもご安心ください。自分も含めた和食党でも満足できる量・クオリティはしっかりキープされています。リゾートホテルに来てまで納豆を選ぶ自分自身に疑問符が付きますが、この辺りは個人の趣味嗜好なので抗えません。沖縄料理も揃っているので観光の方も満足できると思います。

オムレツとパンケーキのライブキッチン

朝食のライブキッチンは焼立てオムレツとパンケーキ
朝食のライブキッチンはこの看板が目印です
トマトソースとホワイトソースが選べます
トマトソースとホワイトソースが選べます

モーニングのライブキッチンはオムレツとパンケーキのダブルメイン。このあたりは流石にリゾートホテルらしく、ハワイの朝食をイメージして仕上げてきているのかもしれません。

もっちりふわふわのパンケーキ
もっちりふわふわのパンケーキ
紅芋とシークヮーサーのミックスなどオリジナルジャムがおすすめ
紅芋とシークヮーサーのミックスなどオリジナルジャムがおすすめ

パンケーキはそのままでももちろん美味しいのですが、生クリームやナッツ、南国フルーツのジャムをこれでもかというほどたっぷりかけて食べると最高でした。思い切りが大事な時ってこういう時なんでしょうね~

黒糖バナナジュースもお忘れなく

黒糖を少し加えているのがポイント
黒糖を少し加えているのがポイント

さらに沖縄ホテルの朝食ビュッフェでありそうでなかったのが、こちらのバナナジュースコーナー。作り立てを提供しているのでフレッシュな香りととろりとした食感が楽しめます。しかも栄養満点で朝食にぴったり。ルネッサンスやココガーデンリゾートでも、オレンジやグレープフルーツを使ったフレッシュジュースが人気なのでこれは流行るかも!

最近沖縄で盛んに栽培されているバタフライピー。レモン果汁を入れると紫色に変化します
レモン果汁やお酢を入れると紫色に変化します

バナナジュースの近くには、現在沖縄で盛んに栽培されているバタフライピーを使ったドリンクもありました。バタフライピー自体の味はほとんどないものの、色味がきれいでつい注いでしまった…。同じような人、結構いるような気がします。

朝から果物とスイーツもしっかり補給

ヨーグルトはプレーンタイプなのでフルーツをトッピングしたり、ホテル特製のジャムを掛けても
ヨーグルトはプレーンなのでフルーツをトッピングしたり、ホテル特製のジャムを掛けても
シュークリームやケーキはちょうどいい一口サイズ
シュークリームやケーキはちょうどいい一口サイズ

ラストは飲み物とともに朝からフルーツ&スイーツをしっかりと補給。パンコーナーにあるデニッシュやドーナツもすごく美味しいので、甘いモノ好きな人はぜひ全種類食べてみて欲しいです。

個人的にこのチョコドーナツが優勝
糖分は、脳と心の栄養分

特に写真上のチョコドーナッツが優勝レベルで美味でした。小ぶりなサイズ感といい、柔らかな食感といい、重すぎないチョコレートの風味といい、まさにおめざにふさわしい一品でした。

コーヒー類はテイクアウトカップも用意されています
コーヒー類はテイクアウトカップも用意されていました

以上、見た目にも彩り的にも素敵なシーフォレストのモーニングビュッフェでした。オーシャンビューの明るい店内でリラックスして食事ができる上、和も洋も沖縄料理も何でも揃っていて大満足。食事はローカルのお店で味わうというのも旅の楽しみですが、モントレ沖縄ならではのゆったりとした朝時間も本当に良いものでした。



沖縄・恩納村 ホテルモントレ沖縄 スパ&リゾート内「シーフォレスト」

〒904-0413 沖縄県国頭郡恩納村冨着1550番地1-5階

TEL 098-993-7113(シーフォレスト)

朝食/6時30分~10時、夕食/17時30分~21時30分

公式サイト https://www.hotelmonterey.co.jp/okinawa/

駐車しやすさ★★(新しいホテルなのに意外と前後左右の間隔が狭いので要注意!詳しくは下記にて)

ドライブ魅力度★★★★★(沖縄本島の真ん中あたりなのでどこに行くにも便利♪道も走りやすく運転初心者も安心です)


関連記事

関連記事



ホテルモントレ沖縄スパ&リゾートの駐車場

モントレ沖縄スパ&リゾートまでのドライブルート
旧国道58号線(おんなサンセット海道)沿いなので迷う事はないと思いますが、意外と入口が目立たずスルーしてしまう可能性があるので注意を!
モントレ沖縄スパ&リゾートの駐車場1
駐車場内は前後の間隔が狭め。何となく圧迫感があるので慎重に駐車しましょう
モントレ沖縄スパ&リゾートの駐車場2
普通自動車ですらも白線ぎりぎり。大型車で訪れる場合は柱ギリギリを狙って駐車しないとドアを開けて出るのも難…

宿泊プランにもよるものの、ほとんどの朝食付きプランではこちらの朝食ビュッフェか日本料理「隨縁亭」の和朝食が選択可能です。うちの子どもがもう少し成長し、行儀よく食事ができるようになればぜひ「隨縁亭」にも行ってみたい…


※本記事の写真・文章の無断転載・無断使用はご遠慮ください。


投稿:ash

あわせて読みたい




同じカテゴリの記事をもっと読む