· 

【読谷村ドライブスポット】残波岬灯台を見下ろす絶景に感動。ロイヤルホテル沖縄残波岬のスカイレストラン「ラ・ファール」ランチブッフェ、リニューアル後のメニュー公開。駐車場情報あり

ホテル最上階の絶景を楽しめるランチブッフェ
読谷村の絶景を楽しめるランチブッフェ

残波ロイヤルの愛称で親しまれる沖縄・読谷村のリゾートホテル「Royal Hotel沖縄残波岬(旧:沖縄残波岬ロイヤルホテル)」。最上階に位置するスカイレストラン「ラ・ファール」ではオーシャンビューの景色とコスパ良しのランチブッフェが楽しめます。メニューやレストランからの景色など、当日の様子をお届けします。

青い海と空に感動!オーシャンビューのレストラン

ホテル最上階の13階に位置するスカイレストラン「ラ・ファール」
ホテル最上階の13階に位置するスカイレストラン「ラ・ファール」

こちらがロイヤルホテル沖縄残波岬のレストラン「ラ・ファール」。エントランスの時点では何の変哲もない感じ(スミマセン!)ですが、受付を済ませて店内へと進むと…

ラ・ファールの席
テーブルに座ると青一色の世界に包み込まれるよう

真っ青な海がバーン!同じく青空がバーン!の絶景が待ち構えていました♪ホテルの建物自体は開業から35年近く経過しており、設備に若干の古さは感じるもののロケーションは完璧です。落ち着いた店内とは真逆のパリピ的な絶景が窓外に広がっています。これ、良い意味で期待を裏切られるヤツ~♪

残波ビーチ
真っ白なビーチと残波ブルーの海の対比がイイ!

西側の窓に映るのは、透明度抜群の残波ビーチ。あまりの美しさにしばらくぼーっと眺めていると、ホテルスタッフさんから「今日は若干霞んでいるのでコンディションは60点くらい…」と一言。いやいや、十分過ぎるくらい絶景ですよ!

遠くに残波岬灯台を望む景色はまるでジオラマのよう
遠くに残波岬灯台を望む景色はまるでジオラマのよう

当然ですが31メートルの高さを誇る残波岬灯台よりもはるかに高く、周りに高い建物が何もないことからヌケ感も◎。100点の日は一体どんな景色なのか気になりますが、スカイレストランの名称に違わないこの風景、これだけでも来た甲斐があります。

小皿料理メインの楽々ブッフェスタイル

ランチブッフェは12時~
ランチブッフェは12時~

さて、ひとしきり絶景を堪能した後はいよいよブッフェ台に行ってみましょう。広い店内ですが、ブッフェ台はレストラン中央に位置しているためどこに座っても取りに行きやすいです。

海老の揚げ物やサーモンマリネ、豚肉の冷製和え物など
海老の揚げ物やサーモンマリネ、豚肉の冷製和え物など
小鉢が多くサクッと取れて便利。洗い物は大変なんでしょうが…
小鉢が多くサクッと取れて便利。洗い物は大変なんでしょうが…

さすがにサラダ系は通常の取り分けスタイルでしたが、写真のように数多くの小皿料理が並んでいました。これなら衛生面も安心ですし、ピーク時に順番待ちをするというブッフェのデメリットを大幅に軽減できます。

ライブキッチンには和洋中の鉄人がスタンバイ

写真上は白身魚の中華あんかけと麻婆豆腐
中華のライブキッチンは白身魚の中華あんかけと麻婆豆腐

さらに驚くべきはライブキッチンの充実ぶり。税サ込2,000円とリゾートホテルとしては破格の金額設定にも関わらず、和食・洋食・中華に合計4名もの専属スタッフが付いてくれていました。

この日の和食のライブキッチンは豚しゃぶと手巻き寿司
和食のライブキッチンは豚しゃぶと手巻き寿司

ライブキッチンといってもすでに出来上がった料理を盛り付けるのみのものもあり、厳密にいえば全てがライブキッチンではないのですが、料理を美しくサーブしてくれるだけでもテンションアップ。

手巻き寿司コーナー
手巻き寿司は好きな具材をオーダーして巻いてもらえます

聞けばブッフェの小鉢をはじめ、スイーツやこのライブキッチンも季節毎のメニューを楽しめるのだとか。例えば今回の和食は手巻き寿司と豚しゃぶでしたが、時期によっては海鮮丼や沖縄料理の炙りソーキなんかも登場するそうです。

リゾートホテルなのに洋食ではなく和食推し?

リゾートホテルのランチブッフェ画像とは思えない手巻き寿司と豚汁
リゾートホテルのランチ画像とは思えない手巻き寿司と豚汁

そういえばラ・ファールにやってくるお客様を見てみると、お年を重ねた地元マダムが多く県内のリピーター率が高い印象。こちらのランチブッフェに和食系のメニューが多いのは、ユーザーファーストの結果なのかもしれません。

10代や20代ではチョイスすることの無かった青菜のお浸し(中央)も今はうれしい
若い頃には選ばなかった青菜のお浸し(中央)も今はうれしいけどね
中華仕立ての茶碗蒸しは胃に優しい上、味付けもマイルドで好み
中華仕立ての茶碗蒸しは胃に優しい上、味付けもマイルドで好み

沖縄のリゾートホテルといえばガッツリの肉パレードの洋食ブッフェをイメージしますが、こういう穏やか系のブッフェもなかなかイイですね。料理の内容はもちろん、ライブキッチンで調理をしてもらいながらスタッフさんと少し会話したり、好みの具材を多めによそってもらったりと、ちょっとした気遣いもうれしかったです。

スイーツは色とりどりで華やか

ミックスベリータルト、いちごのロールケーキ、ガトーショコラ、プリンなど
ミックスベリータルト、いちごのロールケーキ、ガトーショコラなど

ラストのスイーツコーナーは沖縄ならではの紅芋やシークヮーサー、マンゴーのカップアイスの他、春に訪問したこともあり季節を感じさせるイチゴのスイーツが揃っていました。

桜の装花にピンクのテーブルクロスと華やか
桜の装花にピンクのテーブルクロスと華やか

沖縄の桜は1月下旬に咲くので(※カンヒザクラといって本土の桜とは種類が異なります)若干季節感が混乱しますが、内地出身者としては3月や4月に桜のデコレーションで彩られると「春」を感じる次第です。彩り豊かなスイーツやフルーツドリンクに、舌はもちろんですが心まで癒されました~♪

気になる料理を少しずつ並べただけでもこの状態。種類豊富&ボリューム満点!
気になる料理を少しずつ並べただけでもこの状態!

以上、景色良し、食事良し、価格良し、サービス良しのロイヤルホテル沖縄残波岬のランチブッフェでした。リニューアル後初めての訪問でしたが、特別な景色はそのままに、彩り豊かなブッフェにパワーアップしているように感じました。次回はぜひとも100%の景色を眺めてみたいものです。また来ます!(60%でもかなりすごかったんですけどね!)



沖縄・読谷村「スカイレストラン ラ・ファール」

〒904-0328 沖縄県中頭郡読谷村宇座1575(ロイヤルホテル沖縄残波岬13階)

公式サイト https://www.daiwaresort.jp/okinawa/index.html

営業時間/12時~14時30分(L.O14時)

定休日/水曜日 

駐車しやすさ★★★★★(どこでも停め放題の大型駐車場なので運転初心者も安心)

ドライブ魅力度★★★★★(残波岬や残波ビーチは目と鼻の先。車で南に10分ほど下ればニライビーチやGala青い海、東へ15分ほど行けば真栄田岬と何でもあり♪座喜味城ややちむんの里など観光も巡りやすいですよ)


もっと絶景ランチ

もっと読谷村



ロイヤルホテル沖縄残波岬のアクセス・駐車場

ロイヤルホテル沖縄残波岬までのドライブルート
58号線から伊良皆交差点を読谷村方面に入り、残波岬方面へ
ロイヤルホテル沖縄残波岬までのドライブルート2
残波岬に近づくと遠方にホテルが見えるので迷うことはなさそう
ロイヤルホテル沖縄残波岬までのドライブルート3
入口にゲートがありますが、6時間までの駐車は無料になっています
ロイヤルホテル沖縄残波岬の専用駐車場
何故かデザイン性溢れる駐車場。車幅も台数も十分なので初心者も安心です

お皿が空くとすぐさま下げてくれるホールスタッフの皆様の細かな心遣いも魅力的でした。残波ロイヤル時代から活躍しているのか、黒いタキシードに蝶ネクタイ、物腰の柔らかなベテランが多いのも◎。嘘喰い夜行さんのように渋かったです!


※本記事の写真・文章の無断転載・無断使用はご遠慮ください。


投稿:ash

あわせて読みたい




同じカテゴリの記事をもっと読む